クレジットカード換金は総量規制対象外になる?

クレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象となります。ただし、すでにクレジットカードのショッピング枠を持っている場合は、総量規制の影響を受けることなくその範囲で使うことができます。そのため、総量規制対象外にはなりませんが、すでに持っている枠ならば総量規制対象外かどうかを気にすることなく換金をすることができます。総量規制対象外ではないため、これからクレジットカードを作って換金しようという場合は、総量規制対象外となる範囲でしかクレジットカードを作ることはできないため注意が必要です。
換金を考えている方は、すでにクレジットカードを持っていることが多いですので、それならば問題なく利用することができるでしょう。ただし、利用にあたっては注意が必要です。それは、クレジットカード会社は、ショッピング枠の換金を禁止しているからです。禁止しているため、もしそれがばれてしまってカード利用停止となってしまっても、それは自業自得ということになります。そのため、できればあからさまな利用を避けて、なるべく規約違反だといわれない方法で換金をする必要があるでしょう。例えば、普段利用することのない新幹線のチケットを購入する、しかもそれが多額である、という場合は、かなりの確率で目をつけられてしまいます。高額なブランド品でも、それを一回購入するくらいであれば通常のショッピングの利用とは見分けがつかないため、目をつけられることはないでしょう。